DURO施工順序

洗 車

流水で中性洗剤を使用して汚れを洗い流して、施工部位を綺麗な状態にしてください。

※汚れが付着している状態ではムラ等ができる可能性があります。

乾 燥

柔らかいウエス等で水分を完全に拭き取ってください。

​※水分が残っている部位には本製品の施工はできません。

脱 脂

本製品付属の「①脱脂剤」を専用クロスに付け

施工部位を丁寧に拭いて油分をしっかりと取り除きます。

​※油分が付着している状態では、コーティングの乗り(密着性)が悪くなります。

また、ヘルメットにコーティングをする際、ペイント・柄等がある場合には、脱脂の段階で剥がれてしまう事がありますので,必ず事前にパッチテストを行ってください。

パッチテスト・・・塗装する対象物と塗料の密着具合の確認の事

コーティング

専用スポンジに「②主液」を1~2滴染み込ませ

施工部位面積の数カ所に軽く押し当てて液剤を付けてください。

塗り込み完了後に、拭き上げ専用クロスで丁寧に拭き上げます。

※DUROは伸びが良いので、液剤の付け過ぎに気を付けてください。

※スポンジで塗り込んだ後で放置しないでください。

そのまま硬化してしまいます。

※拭き上げ時は、拭き残し等がないようにしてください。

DURO施工手順①~⑤(Full Ver.) 

​その①-燃料タンク編-

​その②-バイクシート編-

​その③-マフラー編-

​その④-ヘルメット編-

​その⑤-各種パーツ編-

DURO施工手順

 

商品の購入やお問合せ、加盟店についての詳細等、何でもお気軽にご連絡下さい。

Copyright © 2016 DURO All Rights Reserved.

でゅろ子,DURO キャラ,DURO オリジナルキャラ,ヘルメット